SSブログ

1413194019_article.png ドラギ会見後のユーロ売りでユーロドルは1.06まで下落

昨夜の海外市場では、ECBドラギ総裁会見の内容が、
緩和継続を示すものであったことからユーロが売られ、
ユーロドルは1.08付近から1.06割れの水準まで急落となりました。

ユーロドルを1.075、1.079と買い上がってきた私は、
1.069の売り逆指値の建玉と合わせて、今朝方1.061付近で利食いを済ませました。

ドル円は逆に上昇し114円台を回復。
欧米株が堅調だったこともあり、日経先物は18,800円台まで値を伸ばしています。

米株のPERが20を超えてきており株の買われ過ぎが懸念されている中で、
日経225を新規で買い建てるべきか、悩ましいところです。

関連記事:ユーロドルは日足中期線の位置まで上昇
     12/5ー12/9為替相場の展望
     弱い雇用統計で為替はややドル売り
     OPEC減産合意でドル円114円台、日経先物18,600円台
     ドル円は112円台へ戻すも上値は重い
     11/28-12/2為替相場の展望
     ドル円は揉み合いを上抜け113円付近まで上昇
     為替が揉み合いのなかダウは19,000ドル超え
     ダウは最高値を更新
     11/21-11/25為替相場の展望
     為替の日足チャートはきれいなドル買いトレンド
     日経先物18,000円超え
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。